ひな祭りの定番料理と人気のひな人形と不要になった時の処分方法

マナー
この記事は約4分で読めます。

伝統を理解しつつ進化するひな祭り

3月3日はひな祭りです。この日ばかりはいくつになっても女性であれば、なんだかウキウキする女の子の祝日でもあります。女の子がいる家庭ではひな人形を飾ったり、ごちそうを作ったり娘さんのためにお祝いをするところも多いでしょう。そんなひな祭りの伝統と進化を見ていきましょう。

ひな祭りとはいつでしょう?

今は3月3日をひな祭りとして、この日にお祝いをします。そもそもひな祭りの起源はいろいろと説があり、最古の起源までさかのぼると中国で始まったとも言われています。日本でのひな祭りは季節の節目などに災いから身を守り、女の子の健やかな成長を願う節句の年中行事です。江戸時代までは旧暦で行われており、現在の4月がひな祭りでした。今でも一部の地域では4月3日にひな祭りを行うところもあります。

「桃の節句」と呼ばれることもありまが、昔むかしは五節句(人日、上巳、端午、七夕、重陽)のひとつである「上巳の節句」や「弥生の節句」とも言われていました。

ひな人形も進化している人気のお人形はこれ

女の子の節句ということで、ひな祭りにはひな人形を飾る家庭も多々あるでしょう。しかし、以前のような5段飾りや7段飾りなどの豪華絢爛なひな人形を諸事情で選ばない家庭が増えているのも事実です。部屋の大きさや、経済的理由、飾るのに手間がかかることや、保管が大変など。しかし、大事な娘の節句のお祝いです。良いものを買ってやりたいと思うのはいつの時代の親も同じでしょう。

しかし家庭環境やライフスタイルが昔とは変わってきています。洋風な部屋に合うひな人形や場所をとらないひな人形などが求められているのです。そんなニーズにこたえてくれるのがMAHOROBAです。日本の伝統文化を大事にしながら現代のライフスタイルに合うコーディネートを提案されています。古典的なお人形から新しいお人形、希少価値が高いお人形などお気に入りのお人形がきっと見つかる人気のお店です。ネットショップもあるので、全国で購入可能です。

ひな人形の処分方法

普通のお人形を捨てるのも罪悪感や良くないことが起こるのではとあまり気分的にいいものではありません。ひな人形は高価で1体1体が丁寧に作られており、その表情にも魂が宿っているかのような雰囲気があります。捨てるなんて怖いくらいです。

しかし、いつまでも手元に置いておけない事情が出てきたら処分するしかありません。いくつか処分する方法があるのでご紹介します。

まずは一番心が痛まない処分方法は寺社に供養と処分をお願いすることです。インターネットでひな人形の処分をしてくれる寺社を探し出し、HPや電話で問い合わせをしましょう。自宅から近い、予約が要・不要、郵送で受け付けてくれるかなど確認が必要です。また日本人形協会に依頼する方法もあります。

もっとてっとり早く処分したいなら、リサイクルショップや買い取り業者に売ったり、ネットでオークションに出すなどお金に変える方法もあります。そのような手間も省きたいなら、潔く自治体に処分方法を確認してゴミとして引き取ってもらいましょう。

ひな祭りの食事には意味がある

【ひな祭り料理】簡単おいしい!ちらし寿司の作り方!【和食レシピ】

ひな祭りの際に用意する食事にはそれぞれ意味があります。お正月のおせちと同じですね。

順番に説明します。

ちらし寿司・・華やかで縁起が良くテーブルの中心に置かれますね。具材として使われているエビは長寿を、レンコンは将来が見通せるという意味、豆は健康でマメに働けるという意味が込められています。またその他食材が多く入っているため、「一生食べ物に困らない」という願いも込められているそうです。

ひし餅・・ひし形は心臓を表しています。下から緑、白、ピンクの3色になっています。まず緑はヨモギで増血効果があるため長寿、健康を意味します。白はひしの実が入っており、血圧を下げる効果があり浄化を意味します。ピンクは解毒作用のあるクチナシが入っていて魔除けを意味します。すなわち健康への願いと魔除けを形にしたものです。

ひなあられ・・ひし餅を砕いて作ったもので、ひし餅と同じ意味を持っています。ただし、白、緑、ピンクと黄色をあわせて四季を表している説もあります。

ハマグリ・・お吸い物にされます。ハマグリの貝殻はペアになっている貝殻以外はピッタリと合わさりません。よってピッタリと合う伴侶と巡り会って欲しいという願いを込めています。

甘酒・・本来は桃の花びらをつけた「白酒」でしたが、江戸時代から甘酒へと変化しています。もともと「白酒」は厄除けの意味がありました。

ひな祭りのレシピも進化している

さて、定番のひな祭り料理を紹介しましたが、ひな人形と同様にひな祭りの料理も進化しています。ちらしずしを手鞠寿司にしたり、ひな人形の形にアレンジしたり、ひし餅の形と色でケーキを作ったり、現代の子供たちが好きで喜びそうなレシピに進化しています。ネットの有名お料理サイトなどでもアレンジレシピがたくさん投稿されていますので、参考にするとよいでしょう。

また、家でひな祭りを行う場合、お部屋の飾りつけにひな祭り関連のイラストをプリントアウトして使うとお部屋を可愛く演出できるかもしれません。無料の素材サイトでお好みのイラストを探してみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました