qJR東日本の「えきねっと」でのきっぷ予約方法

JR東日本の「えきねっと」できっぷを予約

ウェブサービス
この記事は約4分で読めます。

JR東日本えきねっとできっぷを予約

えきねっと」はJR東日本の運営するウェブサービスです。
JR西日本は「えきねっと」ではなく、「JRおでかけネット」というサービスになります。

「えきねっと」は主に新幹線の予約や特急券の指定席きっぷの事前予約・決済をパソコンやスマートフォン上から簡単にできるサービスです。

その他にもJR東日本の国内ツアー商品の申し込み、鉄道グッズのショッピングなど、様々なサービスがあります。
ツアーの場合にはJRの鉄道と宿泊がセットになっているものが多数あります。

 

えきねっと新幹線の事前予約方法

えきねっとできっぷの予約をする際には「JR券申込サービス」に会員登録をする必要があります。

これはパソコンからでもスマートフォンからでも携帯電話からでも簡単に登録することができます。

この事前予約は、みどりの窓口よりも早く受付を開始しており、乗車日の1か月+1週間前から予約することができます

ブラウザから空席状況を確認しながら申込でき、乗換や運賃などを調べたり、乗り継ぎを調べたりすることができるので、便利です。

スマートフォンで予約する場合にも同様で、専用のアプリではなく、ブラウザからの利用となります。

この予約後も、「きっぷ受け取り前なら」急に予定が変わっても「変更・払い戻し」が可能です。

きっぷの受け取りと支払いは駅の「指定席券売機」、「みどりの窓口」、「びゅうプラザ」で受け取ることができます。

 

えきねっとの「トクだ値」

えきねっとのトクだ値はえきねっと会員限定・インターネット予約限定のきっぷで、通常の料金よりもお得な割引きっぷです。
しかも、乗車日13日前の午前1時40分までに申込むことで、通常の「トクだ値」より、さらに割引率の高い「お先にトクだ値」もあります。

通常、こういった割引きっぷは繁忙期は使用できないものですが、
えきねっとのトクだ値は年末年始やお盆などでも使えるので便利です。
1度の申し込みで6名まで予約が出来るので、友達や家族との旅行にも使いやすいです。

こちらも出発6分前まで変更は自由ですが、きっぷ受け取り後の変更はできません。
また払い戻しの場合には払戻手数料がかかります。
また、指定列車の乗り遅れなどは無効となり、違う列車に乗ることはできませんし、返金もできません。

えきねっとで申込み可能な列車

新幹線は北海道新幹線から東北・山形・秋田・上越・北陸・山陽・東海道新幹線、九州新幹線にいたるまで全て予約が可能です。

在来線の特急もエリアごとに、えきねっと特典対象列車があります。
(中央本線のあずさ・かいじも予約可能です)

この他、JRの観光列車もあります。
また、「シートマップ申込サービス対象列車」もあります。
これは自分で空席の中から好きな座席を選ぶことができるサービスです。
窓際が良かったり、一緒に行く人と向かい合って乗ったりする際に便利なサービスと言えます。

えきねっとの予約キャンセルと払い戻しとサポートセンター

予約キャンセルと払い戻し方法ですが、まずインターネットで予約が成立する前の段階では手数料もかかりません。
また、「自由席」または「乗車券」の場合にも有効開始日の23時までに取り消しを申し込めば取消手数料はかかりません。
ただし、「乗車券」のみの取り消しはパソコンからしかできません。

例えきっぷを受け取らなかった場合にも、この取消手続きをしなかった場合、クレジットカードに購入予定の金額は全額請求されるので注意が必要です。

指定席の場合には1席につき取消手数料がかかります。


「えきねっと特典対象列車」の取り消しの場合には310円かかります。

この場合も乗車日の出発時刻6分前かつ、22時54分までに払戻手続きをする必要があります。

えきねっとのサポートセンターの電話番号と受付時間は以下になります。
7時00分~23時00分
電話番号:050-2016-5000

えきねっと公式ウェブサイトはこちら。

コメント

タイトルとURLをコピーしました
/* クリッカブル用コード */